子どもの頃の話

日々のこと

子どもを叱ったとき、自分が親から怒られたりした記憶が蘇ることってありますよね。

それで「昔かーちゃんが子どもだったとき、おばあちゃんがね…」と自分が怒られた時の話を子どもらにしたんです。

むちゃくちゃ厳しかった母も今では孫に甘々なばーちゃんですからねぇ。そんなばーちゃんがキレた時のエピソードを聞いても、息子にはかーちゃんがばーちゃんの悪口言ってるようにしか見えなかったみたい。そりゃ今の姿からは想像つかないよね(笑)

昨晩別件で実家に電話した時、息子が「かーちゃんが子どもだった時、◯◯してばーちゃんが△△って怒った話聞いちゃったー!」と嬉しそうに報告していて、それを聞いた母も「あははーそんなこともあったわねぇ」と答えていて、言葉にうまくできないんだけど、色々あったことも今では全部ネタとして笑って話せて良かったなぁと思いました。

楽しいこともそれなりにあったはずなのに、怖かったり嫌だったりしたことのほうが鮮明に覚えてるんだよなー。気が合わない所の多い母と面倒くさい性格の父ではありますが、憎んでも恨んでもいないし、私の中では別の個体として区別がしっかりついています。今は物理的な距離も離れているので会うのも年に数日です。「私は母(父)のような接し方はしない」って想いは足枷というか呪いというか、不幸だった記憶を反芻して、より強固なものにしてしまう気がしました。もちろん本気で距離をおくべき毒親は別ですけどね。

とはいえ、自分の子どもたちが親の接し方が原因でモヤモヤを抱えたまま40過ぎまで生きるのはかわいそうなので、怒りやイライラのコントロール力をもっと上げたいと思います。

日々のこと
この記事を書いた人
ひぐち きょうこ

ネット黎明期のパソコン通信時代からPC&ネット歴20年。
ワードプレス、ペライチ、ブログ、各種SNS、メルマガスタンド、
メアド振り分け等、あなたのビジネスに欠かせないネットサービスの
設定・運用致します。

石川県金沢市在住。夫と6歳年長の息子と4歳年少の娘、拾いネコ兄弟と
暮らすアラフォーです。

よかったらフォローしてください☆
よかったらフォローしてください☆

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ

タイトルとURLをコピーしました