そらもよう

とどまることのない空のようにアレコレやってます。

そらもよう header image 2

2月に読んだ本 byメディアマーカー

2010年03月04日 · コメント(0) ·

iPhoneばかりみてて読書量がずいぶん減ってしまった気がします^^;

期間 : 2010年02月
読了数 : 5 冊
病気が消える習慣 (リュウ・ブックスアステ新書 75)
入谷 栄一 / 経済界 (2009-09-24)
読了日:2010年2月27日
代替医療について書かれた本の多くは、西洋医学を批判し、エビデンスの検証は問われることなく、盲目的に『信じるものは救われる!』としがちである。その点、この本では、健康へのアプローチ方法は数多くもっていたよいとされ、ハーブも西洋医学の補佐的役割として取り入れており、「試してみる価値はある」からスタートしている点が安心できた。3日試して効果を感じられなかったら合っていないと判断してよいそうなので、気軽に始められそうだ。
目立つ力 (小学館101新書 49)
勝間 和代 / 小学館 (2009-10-01)
読了日:2010年2月21日
webの発達によって、誰もが自分発信メディアを持てる時代なんだと思った。ただ漫然と書いているのと、この本に書かれているように戦略を持って情報発信していくのとでは、結果が大きく違ってくるのは当たり前。どちらがいいかはそれぞれの価値判断だと思うけれど、どうせブログを書くなら多くの人に見てもらえる価値をつけていきたい。
海街diary (03) 陽のあたる坂道
吉田 秋生 / 小学館 (2010-02-10)
読了日:2010年2月11日
「止まった時間」の“心を病んだ妻を支えられなかったという想いは彼の心の奥底に澱のようにたまって決して消えることはないだろう”の一節に、自分の体験を重ねてしまった。こういう人間の心理(真理?)を突いた台詞が出てくるところが好き。
働く女(ひと)のお金のルール (アスカビジネス)
中島 牧子 / 明日香出版社 (2009-12-07)
読了日:2010年2月8日
2/3くらいはお金を切り口にどういう価値観を持つかについて語られていて、ありきたりな感じだった。後半1/3のお金の知識はわかりやすくまとめられてて良かった。
いつでもどこでも「脳の集中モード」を高める シンプル・マッピング最強ノート術
松宮 義仁 / 日本実業出版社 (2009-08-04)
読了日:2010年2月3日
イラストを描くのが苦手なのでマインドマップのセントラルイメージは大きなハードルでした。一方でシンプルマッピングはマインドマップと同じように拡散思考を促されるのに、ノートとボールペン1本で手軽に簡単に使える点が魅力的です。

マインドマップ=思考の流れを全部残すと思い込んでいたので、今後は「使える要点のみ絞り込んで全体を俯瞰する」ことを意識していこうと思います。

カテゴリー :読書録
タグ :
トラックバック:

楽天市場