そらもよう

とどまることのない空のようにアレコレやってます。

そらもよう header image 2

[読書録] レバレッジ・リーディング

2008年01月29日 · コメント(0) ·

レバレッジ・リーディング レバレッジ・リーディング
本田 直之

東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 143
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

本は投資である。ゼロから自分で始めるより本から得た知識を使ったほうがレバレッジが利き、より少ない労力でより成果を出せる(dogin more with less)からだ。
その際欠かせないポイントは
・「その本から何を得たいのか」という目的を持って多読していく。
→目次やまえがき・あとがきからポイントの見当をつけるとよい。
・得た知識を定着させる(レバレッジメモの作成)
 自分の場合本を読んでも読みっぱなしだったので、レバレッジメモの残し方がすごく参考になった。ついメモを残すことが目的になってしまって、抜きがき面倒→放置となっていたが、目的をちゃんと「知識の定着させるためのメモづくり」と据えることで続けられそう。
 「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」の勝間さんも多読を薦めているが、勝間流だと読みながら頭にインプット、本田流だと一度紙にアウトプットしたものを頭にインプットという感じ。一度読んだだけである程度は覚えていられるという人は前者、何度も繰り返さないと覚えられない人は後者といったところか。(わたしは当然後者です…)。
 勝間さんの「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」は2周読んだけどメモに残してないので、この本のレバレッジメモが終わったら勝間さんのも作ろうっと。

カテゴリー :読書録
タグ :
トラックバック:

楽天市場