そらもよう

とどまることのない空のようにアレコレやってます。

そらもよう header image 2

[本メモ] 仕事で成長し続ける52の法則(和田裕美)

2011年06月10日 · コメント(0) ·

日経アソシエの連載を読んでいたので購入するか迷ったのですが、これから今までと違う分野で働くかもしれないので読みました。


“仕事で成長し続ける52の法則” (和田裕美)

そうだよねーと思ったり、すごいなーと思ったり、これは名言!という言葉に出会ったりで、読んで良かったです(^^)

和田さんの柔らかさの中にある強さに憧れます。「起きたことは変えられないけれど自分を変えることは誰でも出来るよ」っていうメッセージが好きなんです(*^_^*)

ということで以下いいなーとおもった部分トップ3をシェアします。

直感というのはそこに「気づき」と「わくわく」と「勇気」と「行動」が加わって、初めて力を発揮するものだと思います。

いっぱい見て、いっぱい知って、無駄を楽しむ。そして自分らしい方法を選ぶ。それが選択の自由です。無駄を楽しむ自由を放棄しないで下さい。

(リーダーは)いつでも明るく自分から挨拶し、声をかけて、「あの人がいたら明るくなる」「あの人と話していると元気が出る、やる気が出る」という存在にならなくてはいけないと思います。そして嫌なことがあっても、そこから何か良い面を見つけられないとダメなのです。何かを教えるだけでは、リーダーとしてまだ足りないのです。

和田さんが無我夢中で働いて忙しくて常にいっぱいいっぱいだった時代を『私はあの忙しさを今でも愛しています。』と書かれていて、わたしも毎日15時間くらい働いていた時代を大切に思っているので、和田さんも一緒なんだぁと嬉しかったです(笑)

和田さんの上司の顔が現れているなーと思ったのが、下記の部分です。

例えば、部下が仕事を期限内に出来なかった場合「何でできなかったか確認したいのですが、抱えている仕事が多すぎましたか?そうだったら仕事を与えた私の責任です。多かった分を戻して下さい。でも、自分でやると決めて期限を守れなかったのなら、それはあなたの責任だと思います。どちらでしょうか?」と優しく聞きます。

わたしが部下としてこんな風に言われたら「これ以上レベルを下げたら上司に合わせる顔がない!」って必死になってしまうよ…。

この本は人によっては「こんなの当たり前のことばかりじゃーん」って思うだろうけれど、ちゃんと『当たり前』にできているのか、振り返えるきっかけをわたしは頂けました。

カテゴリー :読書録
タグ :
トラックバック:

楽天市場