そらもよう

とどまることのない空のようにアレコレやってます。

そらもよう header image 2

サブプライム問題についてまとめてみた

2008年01月24日 · コメント(0) ·

 昨日の講座で使われたネタがサブプライム問題だったので、自分で調べたことを加えて現段階で理解できたことをまとめてみます。専門の言葉とかもあると思いますが、わかりやすさ第一ってことで。
アメリカにサブプライムローンというのがあって、低所得者でも割りと簡単にローンが組める代わりに、一定期間過ぎると金利がぐぐっと上がる仕組みのものだった。
当時アメリカの住宅価格はどんどん値上りしていて、買った住宅を転売すれば儲けられる!と低所得者層もサブプライム住宅ローンを利用した。しかし、住宅価格の値上りも頭打ちになってしまい、転売してもさほど儲からないし、下手するとかえって損してしまうようになってしまった。一定期間後のローンの金利はどんどん上がるので、低所得者層の人たちを中心に、返済が滞るようになってしまった。
アメリカの金融商品の中に、サブプライムローンの貸付債権っていうのがあって、金利分で儲かるから還元率もよくておトク!と投資家たちに人気があった。しかし、サブプライムローンの返済が滞ってきたことで人気が下がり、大損した人が続々登場。
(例えば、100万円で買えば150万円の価値になるからおトクっす!と買ったのに、売りに出そうとしても「えー今更それ~」と人気がなくて50万円くらいの価値になってしまったイメージ。)
※保有している株が買ったときより価値が下がった場合、含み損○万円という言い方をする。
 この動きをみて、投資家さんたちは「これからの時代、株より金とか原油とか砂糖とかエネルギー資源に投資したほうが確実なんじゃない?アメリカより中国とかベトナムのほうが成長するんじゃない?」とアメリカの株市場から資金を移し始めた。結果、アメリカの株市場ますます冷え、原油はじめエネルギー資源高騰。
原材料が高騰してしまったため、輸入大国日本では値上りする商品が続出。日本の金融機関もサブプライムの含み損を抱えているから企業への融資を嫌がってるし、個人も生活厳しくなって消費も落ちるし、アメリカの景気悪化にひっぱられて日本も景気が悪くなってきてる状態。
↑今ココ。
間違ってるところあったら教えて下さい。お願いします。

カテゴリー :05.まとめ
タグ :
トラックバック:

楽天市場