そらもよう

とどまることのない空のようにアレコレやってます。

そらもよう header image 1

[読書録] ネコを撮る /著:岩合光昭

2007年06月11日

休日にのんびり読むのにぴったりな1冊。
動物写真家の岩合さんがネコ編ベストショットを撮る秘訣を教えてくれる。素人だとネコが収まっていればそれで良しとなりがちなところを、すぐ真似できそうな構図のポイントも書いてあって、プロの着眼点も学べる。モデルネコに出会ってから写真を撮るまでのやりとりは読み物としても面白い。ネコに限らず動物は人間のオーラが見えるらしいので、ちゃんと相手ネコの立場になって礼儀正しく接するのがやはり”モデル受け”するポイントなのだろう。

ネコを撮る ネコを撮る
岩合 光昭

朝日新聞社出版局 2007-03
売り上げランキング : 1286
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー :読書録
タグ :

[読書録] リクルートのDNA/著:江副浩正

2007年06月09日

生き生きと働く人たちのもとには、同じように生き生きと働きたい人たちが、意欲のある人が集まって、その結果いい仕事ができるんだと思う。働くのはなぜ?と聞かれて「生きていくため」でなく「充実していたいから」と答えたていきたいなあと思った1冊。

リクルートのDNA―起業家精神とは何か リクルートのDNA―起業家精神とは何か
江副 浩正

角川書店 2007-03
売り上げランキング : 386
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー :読書録
タグ :

[読書録] 自分の小さな「箱」から脱出する方法

2007年06月09日

具体例が豊富でとても読みやすいし、納得できる内容。「箱」を一般的な言い方にするとフィルターとか色めがねとか自己防衛になるのかな。この手の本にありがちな「これさえすれば大丈夫」的論調でなく、どうすればうまくつきあっていけるかにポイントが置かれていたのも良かった。
本に挟まっていたちらし(?)に書いてあった言葉が良かったので以下引用

[知ったことに即して生きること]
・完璧であろうと思うな。よりよくなろうと思え。
・すでにそのことを知っている人以外には、箱などの言葉を使うな。自分自身の生活に、この原則を活かせ。
・他の人々の箱を見つけようとするのではなく、自分の箱を探せ。
・箱の中に入っているといって他人を責めるな。自分自身が箱の外に留まるようにしろ。
・自分が箱の中にいることがわかっても、あきらめるな。努力を続けろ。
・自分が箱の中にいた場合、箱の中にいたということを否定するな。謝ったうえで、更に前に進め。これから先、もっと他の人の役に立つよう努力しろ。
・他の人が間違ったことをしているという点に注目するのではなく、どのようなく、どのような正しいことをすればその人に手を貸せるかを、よく考えろ。
・他の人々が手を貸してくれるかどうかを気に病むのはやめろ。自分が他の人に力を貸せているかどうかに気をつけろ。

自分の小さな「箱」から脱出する方法 自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンガー・インスティチュート 金森重樹 富永星

大和書房 2006-10-19
売り上げランキング : 155
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー :読書録
タグ :


楽天市場