そらもよう

とどまることのない空のようにアレコレやってます。

そらもよう header image 2

社会的な生き物

2010年05月27日 · コメント(0) ·

昔のほぼ日のコンテンツに糸井さんと奈良美智さんの対談があって、それを久しぶりに読んだ。

当時奈良さんはgrafのメンバーと一緒に弘前の煉瓦倉庫でAtoZっていう展示会を開いていたときなんだけれど、grafやボランティアのメンバーとチームワークをしたから、今度はひとりの時間に戻って行くという話しをしていた。

その一節で、

糸井 みんながいる場所に、ひとりで考えながら行く。
そのあたりは自分でもすごく共感しますね。
で、そうはいっても、
チームプレーって、やっぱり最高なんですよね。
奈良 それはもう、そうですね。
やっぱり、「やったー!」って言うときに、
ハイタッチできる相手がいるという
あの、なんかこうワクワクする感じ。
やっぱり人間って、
社会的な生き物なんだなって思う瞬間で。

とあった(書かれているページ:http://www.1101.com/AtoZ/2006-10-19.html)。

ぱっと「社会的な生き物」って言葉を出してくるのがさすがだなと思った。

ハイタッチできるワクワク感って、やったー!って気持ちをお前も感じてるんだろ?っていう、一緒にシェアできてる楽しさだと思うんだよね。そこを楽しめるのはやっぱり人が「社会的な生き物」だからなんだろうね。

なんか思ったとき、だれかと共有したいってとき、そばに誰かがいればその人とシェアするのが一番かもしれない。でもそのときのいろいろ状況やその人との関係性とかもあるから何でもシェアするわけにはいかなくて、だから見知らぬ人とも気軽にシェアできるTwitterみたいなものが流行るのかなあと思った。

mixiだとマイミクは全員知り合いだから「周りからこう思われてるわたし」という枠があるし、ブログはもっと一方的に伝えてる感じだし、Twitterは“もしかしたら誰かが反応してくれるかもしれない独り言”だから気が楽なのかな。

ひとり時間もそこそこ楽しめるけど、手を伸ばせばひとりじゃない・つながってる感覚が得られる。ネットのよさってその辺だと思った。

カテゴリー :思考
タグ :
トラックバック:

楽天市場