そらもよう

とどまることのない空のようにアレコレやってます。

そらもよう header image 2

『情報は1冊のノートにまとめなさい』のアレンジまとめ

2008年08月20日 · コメント(1) ·

だいぶスタイルが固まってきたのでまとめてみました。この本を参考に自分流にアレンジしてみたものです。

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」
奥野 宣之

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2008-03-12
売り上げランキング : 293
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちなみにノートは100円ノートだとペンとノートが同化してくれない(表紙が薄くてペンホルダーがつけられない)つのと、柔らかすぎて書きづらかったので断念しちゃいました。

初代ノートははモレスキンのポケットサイズでプレーンを使ってました。ペンクリップをつけてもへたらない表紙なので、不安定な体勢でもメモが取りやすかったのが気に入っていました。裏表紙に丈夫なポケットがついているのもポイント高かったです。でもA4の資料を貼るにはちょっと小さくて、もうひとまわり大きいノートにしたくてやめちゃいました。

次に使ったのが、無印良品のダブルリングノート。

無印良品ダブルリングノート

リングのところにジェットストリームが差し込めるし、ゴムでノートが留められるので分厚くなっても扱いやすいのでとても便利です。モレスキンのようなポケットがついてるとパーフェクトなんですけど、税込¥367ですからね。ポケットは自作すればおk。ちなみに無印良品ほか、ファミリーマートでも売っているので、モレスキンより手に入れやすいです。

紙質もよくて裏写りしないし、表紙も丈夫だし、L判写真なら切らなくてokな大きさです。A4資料貼るのには1/4に畳んだだけだとリング部分が邪魔になってはみ出すので、ちょっと工夫が必要かな。A4タテで貼る場合は、横(細いほう)をたいてい3つ折か4つ折にしてから縦(長いほう)半分にして余白をちょっと切る感じです。

表紙が透明なのと、表裏1枚目はちょっと厚紙になっているので、L判写真を挟み込むとステキ。写真の大きさに合わせて四隅に切り込みをいれて、気分に合わせて写真を入れ替えられるようにしています。

あとスケジュールに関してですが、本では数週間分A4で印刷して貼るスタイルが紹介されています。私の場合は、各月のイベントが視覚的にわかりにくくなりそうだったので、カレンダーのみの手帳を別途購入しました。ダイゴー株式会社のHANDY PICK4というやつです。手のひらにすっぽり収まるサイズなので、裏表紙につけたポケットにはさんでます。急ぎで日程チェックするときも楽だし。

メモを多く取るようになって、頭の中を整理しやすくなった気がします。欲しいものをリストアップしたり、気になる事項をメモしてあることでスキマ時間に確認できるのがよかったです。GTDのレビュー作業で、繰り返し事項をいちいち書くのが面倒だったので、今までタスク管理にRTMを使ってましたが、PCの前にいるときは便利なんだけれど、外出時のスキマ時間にチェックするのはイマイチ使いづらかったんですよね。思いついたことをメールで送るとき携帯でぷちぷちやるのも面倒だったので、RTMは使わなくなりました。

「情報は1冊のノートにまとめなさい」では、時系列順に「080820:メモ」と題名をつけてメモしていくのが基本なんですが、やりたいこととか欲しいものとか読みたい本とかヒマなときに眺めたいリストはノートの最後のページからリストアップしています。達成事項が増えてくるとそれだけで嬉しくなりますよ。

ノートに情報溜めていく作業って、ノートを育てていく感じがして楽しいですね。ほぼ日手帳を使ってる人ってこういう感覚なのかも。私の場合は日によってメモしたいことの量が全然違うから、書きたい日のところに書き切れないのがストレスだったけど、ノート形式だとその辺自由でよいですよ。お試しあれ~♪

カテゴリー :メモ
タグ :
トラックバック:

楽天市場